トルコの基本情報

トルコの気候

2017年12月25日 18時41分


トルコの気候は日本と同じく四季があります。
平均気温が東京とほぼ同じであることから、周遊旅行では日本の天候や服装を参考に
準備をしておくと良い
でしょう。
トルコは国土が広いため、地方により気温の差や気候が異なることがあります。
そのため、旅行で訪れる地域の季節を知ることで、その時々に合った衣類を準備しましょう。
 
地中海に面したエーゲ海地方では1年を通して温暖であり、日差しが強いことから乾燥した状態が続きます。
東部の山岳地域やイスタンブールでは冬の寒さが厳しく、雨の日が多くなるため防寒対策は必須です。
トルコ旅行の「ベストシーズンは4月から10月頃」であり、ハイシーズンと呼ばれる時期は7月~9月です。
地中海・エーゲ海地方には美しいビーチやリゾートホテルが多いため、海水浴をしながら
ゆっくり過ごしたいという人におすすめです。
 
トルコの通貨”トルコリラ”                                   
トルコで使用されている通貨は「トルコリラ(TRY、TL)」であり、
補助通貨は「クルシュ(Kurus、Kr)」
です。
紙幣は現在5種類あり200TL、100TL、50TL、20TL、10TL、5TLがあります。
硬貨は1TL、50Kr、25Kr、10Kr、5Kr、1Krの6種類ですが、5Krと1Krはあまり見かけることはありません。
低額の紙幣は観光地や市街で使用しやすく、レストランなどでは高額の紙幣を使用することが多くなります。
 
トルコと日本の時差                                
トルコと日本の時差は通年で「6時間」です。以前までは毎年サマータイムを適用していたため、
時期により時差が6時間又は7時間と差がありました。
しかし、2016年からは1年を通してサマータイムを適用することになったため、
トルコと日本の時差は通年で6時間となりました。
トルコ時間は日本時間よりも6時間遅れているため、トルコが夜7時であれば日本は深夜1時です。
そのため、人によっては旅行の初日から数日は”時差ぼけ”に掛かることもあるでしょう。